fc2ブログ

Aマイナーでギターソロを弾いてみた

2006年02月19日 01:53

ちょっとテスト的に自分のソロを録音したのでアップしてみる。
Aマイナーで適当にフルピックングでブルルルルーーーーっと。

こちらをクリック


う~ん、まだまだ完調!とは言いがたいなぁ・・・。
自分の音色を見失ってるっちゅうか、次はもうちょっとナチュラルな感じで歪みを抑えてみよう。では、今日はこの辺で。

人気blogランキングへ





江戸職人のべっ甲リッチーピック入手!

2006年02月18日 23:15

ピックその2


既にタイマイの日本への輸出が禁止されていて入手が困難なべっ甲ピックだが、リッチー・ブラックモアがホームベース型のものを長く使用していた(ギターマガジンのインタビューによれば現在はご本人もべっ甲ではなくプラスチック製を使用している)。

20年前にギターを始めた頃は1枚持っていたが音がシャープ過ぎたのと先が鋭すぎたので意外と弾きにくく、私は普通のプラスチックのティアドロップタイプに落ち着いたのだが、ファンとしては持っておきたいもの。

楽器屋でもめっきり見かけなくなったべっ甲のホームベース型リッチー・ピック。
見つかったとしてもこれが結構なお値段で800~1500円くらいするものになった。


ところが今日都内の某デパートに行くと、「江戸職人のべっ甲細工実演販売」をやっていて、職人さんが色々と手作りのべっ甲製品を販売している。

じーーーっと見てみるとかんざしなど様々なべっ甲細工の売り物に混じって

ピック 1枚735円


とあるじゃないですか!
[江戸職人のべっ甲リッチーピック入手!]の続きを読む

DEEP PURPLE LIVE IN CONCERT 72/73!

2006年02月13日 22:29

前回の記事で

特に第2期の頃は5弦と4弦、、、というよりも弦が太い6弦と5弦を使用したポジション(8~10フレット近辺のポジション)をリッチーは活用していたらしく、73年のライブ映像を収めたDVDでは6弦と5弦の8~10フレット近辺のポジションでフィンガー・ピッキングしているのを確認できます。


と書きましたが、その73年の貴重な映像が収められているのが今回紹介するDVDです。
本作にも収録されている72年のライブ映像は昔「マシン・ヘッド・ライブ」というタイトルでビデオが発売されていたのでご記憶の方も多いかもしれません。
筆者も高校生の頃レンタルでこの映像を見て大きな衝撃を受けました。何と言っても第2期のきれいな映像は非常に貴重で、動く「全盛期のディープ・パープル」が見れたことが嬉しかったですね。
この当時の5人の演奏は鬼気迫る感じで、いかにメンバー全員が現人神だったかがわかります。このDVDもメインはその映像で、モノクロです。Machine Head発売前だったので、"Highway Star"のソロが未完成だったり、アンコールで"Fireball"をプレイしていたり、と"Made In Japan"とは異なるセットリストが資料的価値大です。

が、72年のテイクは"Smoke On The Water"が演奏されていません。
よって前回掲載したイントロの真偽はこの映像からはわからなかったわけです。
(第3期でのCalfornia Jam映像ではすべてピックだったと記憶しています)
[DEEP PURPLE LIVE IN CONCERT 72/73!]の続きを読む

Smoke On The Waterのイントロは指弾きだった?

2006年02月12日 00:35

テンプレもカスタマイズが終了し、しばらく修理に出していたストラトキャスターが戻ってきたこともあり・・・。
ようやく初投稿いたします。

さて、といっても最初のネタは何がいいかなぁ~とMachine Headを聴きながら考えた。

そういえば昔リッチーがインタビューで「実は"Smoke On The Water"のイントロはピックじゃなくて指で弾いている。これに気づいている人は少ないみたいだけどね」みたいなことを言っていた。
でも師匠、結構インタビューで???なことおっしゃいますから・・。
例えば「"Stormbringer"に収録されている"Hold On"は親指一本で弾いた!」みたいなあり得ないor意味不明な発言とか・・・。

さて、本件の真偽はいかに??ということで実験してみた。

[Smoke On The Waterのイントロは指弾きだった?]の続きを読む