スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オックスブラッドのレスポール(その3)

2006年07月19日 22:25

最近内容がどんどんリッチーから離れていっているのでタイトル変更を余儀なくされそうな大車輪です(汗)。

今日は出張中のホテルでPCを借りたので書き込みします。

で、またまたジェフ・ベックネタで恐縮です。

以前紹介したオックスブラッドのレスポールをプレイするベックの姿が見られる貴重な番組です。

http://www.youtube.com/watch?v=R6xB3MfHk4E


・・・どうですか?ブロウ・バイ・ブロウ発表前後の映像と思われますが、
[オックスブラッドのレスポール(その3)]の続きを読む
スポンサーサイト

Peace Machine/Philip Sayce@超注目株!!

2006年07月17日 21:20

ピース・マシーン ピース・マシーン
フィリップ・セイス (2006/06/21)
WHDエンタテインメント
この商品の詳細を見る


以前YGで見て、その剥げた塗装のストラトキャスターも相まって、ただ者ではないオーラを感じてしまい、注目していたフィリップ・セイスですが、ようやくCDを入手したのでやっとこさ紹介します。

そのプレイの激しさはこの日本盤のジャケット写真をご覧いただいてお分かりの通り。
ピッキング時の右手の軌跡にあわせて塗装が剥げています。
(塗装の剥げ、というとSRVやロリー・ギャラガーを思い出してしまいますが)
何よりもこのジャケ写真が強烈な説得力を持っています。

※次ページには動画もあり!
[Peace Machine/Philip Sayce@超注目株!!]の続きを読む

オックスブラッドのレスポール (その2)

2006年07月15日 00:28

前回の投稿は携帯からだったのでわかりにくかったかもしれません。
このオックスブラッドという微妙な色合いの54年レスポールは「ブロウ・バイ・ブロウ」のジャケでも有名です。

Blow by Blow Blow by Blow
Jeff Beck (2001/03/27)
Epic Records
この商品の詳細を見る


写真はこちら↓


今ではレスポールを持つことはないであろうジェフ・ベックですが、さすがに絵になります。

通販で購入もできます↓
Gibson '54 Les Paul Oxblood(selected by KOEIDO)

仙台での店頭価格は33万円でしたが、上記のサイトでの価格とほとんど変わりませんね。

写真では黒にしか見えませんが、このオックスブラッドという色は手に取ってよく見ると光の加減で赤みを帯びます。茶色、、とも異なる本当に微妙な色合いです。
ボディバックはもっと濃いチョコレート色みたいなのですが・・・。

レスポールの割にはボディも軽めでネックのグリップもそんなに太いという感じは受けませんでした。
ブルージーかつエモーショナルなプレイから、かなりのハイテクプレイまで対応してくれると思います。

バーテイルピースなのでオクターブ調整はできませんが(54年当時はそれほど精緻なオクターブ調整という概念はなかったようです)、音はウォームでサステインも十分。

私はこれでベックの「悲しみの恋人達」やゲイリーの「スティル・ガット・ザ・ブルーズ」を弾いて悦に入っておりました(ちなみにプラグインしたアンプはフェンダーでした)。
これまで弾いたギターの中でもトップクラスの良い音でした。手に取って弾けただけでも私としては大満足。

そもそもそう簡単にホイホイ買えるような金額じゃあございませんが・・(汗)


オックスブラッドのレスポール

2006年07月13日 22:27

今日は仕事帰りに仙台の新星堂に寄り道。
ジミヘンが表紙のギタマガを購入。

で、前回はフェンダーUSAのノーキャスターを試奏してガッカリしたわけですが、今回は満足できるギターに巡り会うことができました!

それは、ジェフ・ベックがBBA時代に愛用していた改造54年式、Gibson レスポールのカスタムショップ製のレプリカ!

オックスブラッドという黒に赤を混ぜた微妙な色合い。
実物にお目にかかるのは初めてです。

最初に壁に掛かっていたのを見て「一度でいいから弾いてみたい!!」と思っていたので、店員さんにお願いして見せてもらいました。

以下、明日以降に続く(笑)

Thomas BlugをiTunes Music Storeで!!

2006年07月09日 21:46

以前の記事で紹介したThomas Blugですが、アルバムを日本で入手するのは困難なようです。
しかし、iTunes Music Storeでスタジオアルバム1枚とライブアルバム1枚をダウンロード購入可能ですので紹介します。試聴もできますので、前回の動画を見て興味をお持ちの方でiPodとiTunesを愛用されている方はこの機会に是非ご一聴ください!

ちなみに、私は両方とも入手済(笑)



Thomas Blug Band /Thomas Blug and Friends Live

Thomas Blug Band - Live in Raalte,NL feat.Thijs van Leer

↑クリックするとiTunesが起動します。

Thomas Blug/Electric Gallery

Thomas Blug - electric gallery

↑クリックするとiTunesが起動します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。