スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題曲とYG 100% BOOK

2006年11月29日 22:07

バンドの初練習は年明けになりそうっす^^

課題曲は今のところ

1. A Light In The Black(Rising)/Blackmore's Rainbow
2. Kill The King(On Stage)/Blackmore's Rainbow
3. I Surrender(Difficult To Cure)/Rainbow
4. Don't Take Me For A Loser(Corridors Of Power)/Gary Moore
5. Stairway To Heaven(IV)/Led Zeppelin

の5曲。ベースを弾けるかどうか(技量的な問題)よりも曲の構成を覚えられるか(記憶力)の方がだんだん怪しくなってきました(汗)

むっちゃ長い曲が2曲もあるやんけ!!
しかもベースってギターより音域低いから耳コピ難しいし!!(こうなったらコード進行から勝手にフレーズ作ってまえ・・・みたいな)

話は変わりますが最近購入したのが日本人ギタリストのYGムック↓
Syu:100%BOOK―新世代の”超人”ギタリスト Syu:100%BOOK―新世代の”超人”ギタリスト
(2006/11)
シンコーミュージック・エンタテイメント
この商品の詳細を見る


100%ブックになるくらいだから我々の世代だと高崎晃って感じかな?
まだこの人の曲を聴いたことはないんですけどね(苦笑)

若いアマチュアギタリストに人気ある人なの?

譜例だけ見て「こりゃエクササイズにちょうどええわ」と思って買ってしまった。。。DVD付きなので楽曲知らなくても大丈夫か、と思って(笑)

このシリーズ、昔ジョージ・リンチとかポール・ギルバート、イングヴェイとか良く買ったなぁ、、。

リッチーのもあるらしいですけど古本屋市場ではものすごい高値らしいですね。
と強引にリッチーに結びつける私(笑)

↓是非是非ポチッと一押しお願いいたしまする!!
ランキング
スポンサーサイト

最強のリッチー・モデル試奏インプレッション(その3)

2006年11月26日 19:59

と、いうわけでお待たせしましたが今回はエドワーズ最強リッチー・モデルのサウンド面のインプレッションをお届けします。

ちなみに、試奏したお店にこの前大村孝佳君モデルのピックを購入しに行ったら、既にリッチーモデルはどなたかの手に渡っていました(笑)

値引き込みで83,000円くらいだったかと思いますが・・・。
今頃ステージで轟音の雄叫びを上げているかもしれませんね(笑)

さて、このギターのサウンドですが、こちらはいかにも当時のリッチー好みといいましょうか、マーシャルにプラグインするだけで超ハイパワー・サウンドを引き出すことができます。

これがまた、面白いように歪んでくれます。
私のイングヴェイ・モデルに搭載されているディマジオのHS-3のような出力弱めのタイプに比べると、適用できる音楽の幅が狭いかわりにHM/HRには最適なロング・サウンド+ヘヴィ・サウンドを弾き出すことが可能で、個人的には好みではない(私の理想のサウンドはトーマス・ブルグ!)ものの、これか非常に個性的なサウンドです。

このギターに搭載されているのはかのセイモア・ダンカンのSSL-4。




所謂、「クォーターパウンド」というでかいポールピースのシングル・コイル・ピックアップです(一個あたりの実勢価格は7000円前後かな?)。

ハムバッキング・ピックアップよりも高出力で音がでかい(しかしストラトの生命線であるシャープなシングル・コイルらしさは失わない)ことで有名なモデルです。
[最強のリッチー・モデル試奏インプレッション(その3) ]の続きを読む

最強のリッチー・モデル試奏インプレッション(その2)

2006年11月19日 17:29



で、リッチーを知らない店員さんから遂にストラトを手渡しされ、ちょっと考える。

さて、、何から弾き始めようか?

マーシャルを歪ませておいて、ギターのヴォリュームを絞る。

まずはちょこっと"Lazy"の例のイントロを弾く。
でもこの白黒ストラトだったらやっぱりRainbow時代だよな~と思い、おもむろにギターのヴォリュームを"10"にして"Spotlight Kid"を始める。

イントロのカッティングのところからすぐに有名なキーボードとのユニゾンのキメ・フレーズを弾き、そのまま"Kill The King"~"All Night Long"~"Since You Been Gone"を続けて弾きました。
[最強のリッチー・モデル試奏インプレッション(その2)]の続きを読む

最強のリッチー・モデル試奏インプレッション(その1)

2006年11月18日 00:53



と、いうわけでお約束通りエドワーズ製リッチー・ブラックモア・モデルのストラトキャスターを試奏してきましたので、レビューをお送りしたいと思います。

私たち30代の世代のファンには思い出深い、Rainbow中期以降のメイン・ギターだった白黒の74年モデルをコピーしつつも、独自の解釈でより使い勝手の良いギターに仕上がっていますので、レポートいたします。
[最強のリッチー・モデル試奏インプレッション(その1)]の続きを読む

近況報告:Get Working!!

2006年11月15日 21:14

おかげさまで体調も万全となりました!

そろそろブログに復帰したいと思います。

本格復帰は次回の記事で!!

ネタは・・・。
エドワーズのリッチーモデルをこってりと試奏してきましたのでレビューをお送りしたいと思います。
このストラト、期待以上の出来ですよ!

あと、趣味でバンドやることになるかもしれません。残念ながらパートはギターでなくてベース。
Rainbowを中心にGary Mooreもやります。

ただ今A Light In The Black,Kill The King等のベースパートを覚えてます(苦笑)。こちらの情報も今後アップしていきます。

もうしばらくお待ちください!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。