スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guyatone GA-100FC(その1)/Myギターアンプを取り戻せ!

2009年03月08日 17:35

同じような環境の人は多いんじゃないかと思いますが・・・。

我が家はマンションなので、ピアノやギターに限らず、マンション規約で音を出せる時間が夜8時までと厳しく制限されています。
まぁ社会通念上当然だと思うんですが・・・。

なおかつ我が家は家族が私がギターを弾くことにあまり理解がないので、ずっとアンプを通してギターを弾くことを自粛していました(ものすごく嫌な顔をされるんですよ・・・:涙。気分悪いですよね。別に轟音で近所迷惑なプレイをするわけではないんですが)

というわけでずっとエレキギターをアンプシミュレータにつないでヘッドホンで楽しむかPCのスピーカーに小音量でアウトプットしたりとか・・・。

まぁ練習するにも面倒くさいやら。
ですから自然と生音でプレイするようになったのですが、そのせいかピッキングやミュートの技術は目に見えて劣化していきました。

こんなことではいかん!と思い、家族をようやく説得して、ここしばらくアンプを物色していたのですが(選択基準は以前のBlues Jr.の記事をご覧下され)、部屋で弾くのなら爆音は困る・・・ということで10W程度の小型アンプに絞ろうと思いました。

そのとき思い出したのが昔愛聴していた伝説のラジオ番組、パープル・エクスプレスでも紹介されていたGuyatone(グヤトーン)のH&MシリーズやFLIPのGAシリーズ。

今は製造されていませんが、これらはフル・チューブではないものの、プリアンプが真空管で、エフェクターなしでも小音量で十分かつナチュラルな歪みを得ることができた・・・はず。

というわけで、ヤフオクで検索してみると・・・あった。

FLIPの名作で発売当時に爆発的に売れた名機GA-300FCの弟分、10WのGA-100FC。

erijohnjp-img448x336-12352098051bemd438639.jpg

幸い5,000円程度で出品されている。写真で見る限り状態も良さそう・・・。

というわけでBlues Jr.は頭から吹っ飛んでしまい数日このアンプの落札に向けて執念を燃やすのであった!

3日後・・・みごと6,250円で落札。終了時間が夕方だったこともあり、あまり競争が激化せずにお得な金額で落札できました。

次回以降、シリーズでこのアンプについてレポートしてみたいと思います!


↓ランキング参加中!ポチっとお願いします

 人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】
スポンサーサイト


コメント

  1. 大車輪 | URL | -

    Re

    ダメオラさんこんばんは^^
    > コレはセレッションが付いているヤツですね。確か、プリ管も2本で歪みも真空管で作っていると思いますよ。
    真空管を2本とも交換したら歪みが自然になりました!!
    低域が出るタイプに変えたら功を奏したようです。
    > 私も大昔買ったグヤのTUBE-10Rというのを持っていますが、どーもクリーントーンで気に入った音が出ないので長い事眠っています
    その機種は初めて聞きます。H&M30とかより古いのでしょうか?

    > でも、グヤのプリチューブ・アンプはどれも製造されてから十数年経っているから、コンデンサーの劣化で残留ノイズが多くなっているかも。
    コンデンサーは気になりますね。今のところ満足していますが、いつかメンテに出してみても良いかもーー

  2. ダメオラ | URL | -

    グヤも持っています

    コレはセレッションが付いているヤツですね。確か、プリ管も2本で歪みも真空管で作っていると思いますよ。
    私も大昔買ったグヤのTUBE-10Rというのを持っていますが、どーもクリーントーンで気に入った音が出ないので長い事眠っています。(コレはプリ管1本で歪みを作るのがダイオードとトラなので、あまりスムースな歪み方ではないです。はっきり言ってもう1つ、GA-100FCにしておけば良かった。)
    でも、グヤのプリチューブ・アンプはどれも製造されてから十数年経っているから、コンデンサーの劣化で残留ノイズが多くなっているかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nijimurasaki.blog48.fc2.com/tb.php/164-42b77429
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。