スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高のストラト・サウンドが聴けるアルバム(その1):Deep Purple "Made In Japan"

2006年07月02日 13:11

東京に週末帰ってきてます!明日からまた東北巡りですが・・・。
で、今回の企画は「最高のストラト・サウンドが聴けるアルバム」。
フェンダー・ストラトキャスターを使用した至高のギターサウンドが聴けるアルバムを定期的に紹介していきたいと思います。
ただし、同じストラトでもシングルコイル系に限ります(ですから、例え素晴らしいサウンドであってもヴァン・ヘイレンの初期のアルバムは対象外)。トラバ歓迎!!

で、第一回目の素材はこれだ!!↓
Deep Purple/Made In Japan
Made In Japan: 25th Anniversary Edition Made In Japan: 25th Anniversary Edition
Deep Purple (1998/01/19)
Emi

この商品の詳細を見る


未だに私にとってはこのアルバムのリッチー・ブラックモアのサウンドが理想のストラトキャスターサウンド!
ストラト+マーシャルのお手本のようなサウンドだと思います。

しかし・・・・。
この時期のパープルでのリッチーのギターサウンドは典型的なストラトの音に比べて明らかに太く(確かにストラトの音なのですが)、実際にストラト+マーシャルでこの音を再現しようとすると、かなり至難の業です(実際に本人もこれ以降当時のサウンドを維持・再現できていない。3期に入ると悲惨なことになるが、これはいずれ別の機会に)。

アンプでナチュラルに歪ませていて、かなり音がでかい。
にもかかわらず耳に痛い部分はなく、低音から高音までバランス良く出力されていて、実につややかで色気のあるサウンドです。

当時のリッチーの音はかなりクリーンで歪みは少ないサウンドで、これはストラトキャスターに加えてアンプのキャラクター(マーシャルの200Wメジャー)による部分が大きいのではないかと思います。
このアンプ、他のオールド・マーシャル以上に実物にお目にかかることはほとんどありませんが、Line6のPodXTに追加モデルパック「Classics」にモデリングが入っています。

LINE6 POD XT
実物を購入するよりお手軽に当時のリッチーサウンドを真似できます。しかも同社のサイトで購入できる「Metal Shop」ではENGLのモデリングも入っていますので両方購入することをおすすめします!(エフェクターセットのFX Junkieと3セットで購入するのが最もお得)

試してみると、ストラトではゲインをフルにしてもほとんど歪んでくれません。音はかなりラウドですが・・・。

で、ここでもう一つのツールが登場。
ご本人は当時、ギターとマーシャルの間にホーンビー・スキューズのトレブル・ブースターをかましていました。
音を歪ませずに増幅させ、太くするという使い方をしていたようです。
このブースターを再現したものは販売されています。私も試してみたいのですがちょっと高いですね。。。色々なバリエーションもあるようです。

BSM FireBall★ホーンビー・スキューズタイプ、ボリューム付き★BSM HS Custom

私は当時のリッチーの曲をプレイするときにはストラト+PodXTのモデリングでアンプに200Wメジャー、そしてエフェクターでコンプレッサーあるいはBoost+EQ(追加のFX Junkieに入っています)をかけてブーストさせています。
※高校生の頃はグヤトーンのH&M30をフルアップさせてエフェクトなしでしたが、これも結構近いサウンドが出たような・・・

ディストーション系やオーバードライブ系のエフェクトだと歪み過ぎます。Podに入っているものではコンプレッサーをブースターの代わりに使用する方がベターでしょう。
これでかなり当時のリッチーに近い音が出せますから、ファンの方でPodXTをお持ちの方は挑戦してみてください。

ちなみに、同時期の他のライブアルバム↓やDVDではMade In Japanよりも、もう少しマイルドな音なんですね。

In Concert In Concert
Deep Purple (1992/02)
Emi

この商品の詳細を見る


近年の専門家の研究によれば実は!Made In japanのギターサウンドは録音後にスタジオで加工されたものであることが定説になっています。
おかげでアタックが強調されて、幾分ヒステリック&メタリックな印象を受けますが、いずれにせよ当時のリッチーの音はストラトとマーシャルによる最高峰のサウンドであったことは間違いないでしょう。

--------------------------------------------------------------------
↓気に入っていただけたらポチッと押していただけると嬉しいです^^



FC2ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ


スポンサーサイト


コメント

  1. 名無しさん | URL | -

    太字の文v-18viva deep purple
    long live rock and roll
    albertpaz_14@hotmail.com

  2. matt | URL | 195Lvy4Y

    こんにちは。お疲れ様、私も近々東北出張の予定です。

    シングルコイル系、CDは入手していませんが気に入った曲があるので今度トラバさせていただきます。

    その前に、とりあえずパープルネタでトラバさせていただきました。第1回目素材についてはコメント欄ですが。。。

  3. 東方不敗 | URL | -

    こんばんわっ☆ 
    これは史上最高のライブアルバムですよねっ!!
    Muleでのペイスのソロ、Strange Kind of Womanのリッチーとギランのかけあい(イングヴェイが、you don't remember I'll never forgetの曲中で真似してましたね)が最高です!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nijimurasaki.blog48.fc2.com/tb.php/68-52b4625b
この記事へのトラックバック

かっこいいアーミングの使い方は?

以前コメント欄で書きましたが、僕が大昔にギターを弾き始めたきっかけはリッチーブラックモアを78年に日本武道館で見たことでした。 74年頃に聴いたクイーンがロック好きになるきっかけだったのですが、 76年に日本武道館でクイーンを見たときにはフレディーの華麗

“紫の燃焼完全版”を聴いた

たまたま見つけた大車輪さんの記事で、表題のCDの存在を知って amazonで購入してしまいました。 第4期ディープパープルの「紫の燃焼」という邦題の日本でのライブLPが1977年に出ました。このCDはその音源の完全版で2枚組みです。 このときトミーボーリンは




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。