スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stratplayer of the Year 2004:Thomas Blug

2006年07月08日 17:47

先日コメントをいただいたmattさんのブログで紹介されていたThomas Blug(トーマス・ブルグ)氏、↓の映像を見て思わず聴き惚れてしまいました。
音源が日本では入手困難みたいですが・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=V4A5GdBTj7I



久しぶりに聴き込んで、コピーしてみたいと思うギタリストに出会えて私めは非常にエキサイトしております。

そのストラトのトーンは極上。フェンダーから認められた「Stratplayer of the Year 2004」にも納得。
そしてブルーズをベースにしながらも実にヨーロピアン(ドイツ人)らしい感性と見事な感情移入、もちろん楽曲も良いですね。
正直、エリック・ジョンソンを初めて聴いたときと同じぐらいの衝撃を受けています。

>>mattさん、素晴らしいギタリストを教えていただいてサンクスです!!

次のページにさらにYouTubeで見つけた動画を。
パープルのドン・エイリーとイアン・ペイスと共演したライブだそうですが、この曲良く聴いてみると・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=3lDpBpjoznw


ビリー・コブハムとトミー・ボーリンが共演した「スペクトラム」に収められている「Stratus(前回のジェフ・ベック来日公演でもベックがカバーした名曲)」です!!

スペクトラム スペクトラム
ビリー・コブハム (1998/09/25)
イーストウエスト・ジャパン
この商品の詳細を見る


--------------------------------------------------------------------
↓気に入っていただけたらポチッと押していただけると嬉しいです^^



FC2ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. 大車輪 | URL | -

    >>mattさん

    ようやくデザインを変更することができました。
    背景を黒にすると文字が見えにくくならないか心配でしたが今のところ大丈夫なようです。
    ご指摘の通り、やはりリッチーには黒が合いますね。

    スペクトラム、おすすめです。ジャズのフォーマットの上でトミー・ボーリンの奔放なロック・ギターが暴れる名作です。

    >>jeffさん
    トラバありがとうございました!ブログにリンクさせていただきました。
    しかしこのトーマス・ブルグ、パープルに入ってくれないかなぁ・・(笑)スティーヴ・モーズよりバンドにマッチするんじゃないかなぁ、と思ってしまいます。

  2. マット | URL | 195Lvy4Y

    スペクトラム

    バックの色が黒くなったのですね。このほうがリッチーブラックモアの雰囲気に合っているような感じですね。

    スペクトラム、未聴ですが聞いてみたいと思いました。

  3. jeff | URL | rp7OvktQ

    トーマス・ブルグ

    トラバ有り難うございます。
    実は「スペクトラム」は大好きなアルバムです。ここでのトミーボーリンのマエストロのリングモジュレーターは凄すぎまね。、、、。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nijimurasaki.blog48.fc2.com/tb.php/70-ba079f9d
この記事へのトラックバック

ストラトキング・オブ・ヨーロッパ Thomas Blug

Thomas Blug(トーマス・ブルグ)日本ではほとんど知られてませんが、凄いギタリストです。 フェンダーが2004年にストラトキャスター50周年を記念して行ったコンクールで優勝して「Stratking of Europe」の称号を与えられている位ですから。フェンダーが認めたストラトキン

Thomas Blug(トーマス・ブルグ)

Thomas Blug(トーマス・ブルグ) 先日、某掲示板で名前が出ていました。 知らない名前だったので、その後色々と調べてみました。 僕は相当好きですこのギタリスト!! まず、Thomas BlugはFender(フェンダー)が2004年にスト ラトキャスター50周年を記念してドイツで




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。