スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オックスブラッドのレスポール (その2)

2006年07月15日 00:28

前回の投稿は携帯からだったのでわかりにくかったかもしれません。
このオックスブラッドという微妙な色合いの54年レスポールは「ブロウ・バイ・ブロウ」のジャケでも有名です。

Blow by Blow Blow by Blow
Jeff Beck (2001/03/27)
Epic Records
この商品の詳細を見る


写真はこちら↓


今ではレスポールを持つことはないであろうジェフ・ベックですが、さすがに絵になります。

通販で購入もできます↓
Gibson '54 Les Paul Oxblood(selected by KOEIDO)

仙台での店頭価格は33万円でしたが、上記のサイトでの価格とほとんど変わりませんね。

写真では黒にしか見えませんが、このオックスブラッドという色は手に取ってよく見ると光の加減で赤みを帯びます。茶色、、とも異なる本当に微妙な色合いです。
ボディバックはもっと濃いチョコレート色みたいなのですが・・・。

レスポールの割にはボディも軽めでネックのグリップもそんなに太いという感じは受けませんでした。
ブルージーかつエモーショナルなプレイから、かなりのハイテクプレイまで対応してくれると思います。

バーテイルピースなのでオクターブ調整はできませんが(54年当時はそれほど精緻なオクターブ調整という概念はなかったようです)、音はウォームでサステインも十分。

私はこれでベックの「悲しみの恋人達」やゲイリーの「スティル・ガット・ザ・ブルーズ」を弾いて悦に入っておりました(ちなみにプラグインしたアンプはフェンダーでした)。
これまで弾いたギターの中でもトップクラスの良い音でした。手に取って弾けただけでも私としては大満足。

そもそもそう簡単にホイホイ買えるような金額じゃあございませんが・・(汗)


スポンサーサイト


コメント

  1. 大車輪 | URL | -

    そうですねーーー

    ベックはどんなギターを持ってもベックの音がしますよね~♪
    弘法筆を選ばず?

  2. レイ | URL | -

    いいギターですよね~見てるだけでも(笑)
    以前新宿のロックインにもあって眺めて帰りましたよ~
    ベックはレスポールでもストラトでもどっちも似合いますよね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nijimurasaki.blog48.fc2.com/tb.php/74-d7b8dbf3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。