スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guyatone H&M Model30 アンプクリーニング中!!

2006年08月01日 20:40




しばらくぶりの更新です。
先日ヤフオクでギターアンプを落札したのですが、何ぶん古いものなのでガリノイズがすごい!

ということで現在分解して電気系統のクリーニング中です。

写真を見てお分かりの通り、ある世代の方にはFenderのSTMと並んで懐かしい機材なのではないでしょうか!!

私も昔高校生の頃お小遣いとかお年玉を貯めて購入した、初めての真空管ギターアンプ(プリ部のみ真空管)、グヤトーンの「H&M Model30」です。

マーシャルのバルブステートを購入するまで愛用していたのですが、練習用には最適なのでまた使いたくなり、実家の納屋を探したのですが、みごとに


紛失していた



ということで(涙)、ヤフオクで出るのを虎視眈々と狙っていたというわけです。

このアンプについてはまたいずれゆっくりと、書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


コメント

  1. ダメオラ | URL | -

    モデファイ

    オレもグヤのプリ・チューブのギターアンプを
    使っているけど、さすが古いのでノイズが多い。
    (真空管を換え、ハンダもやり直したのだが・・・)

    それで、これをオール・チューブのアンプに
    モデファイ(大改造?)しょうかと考えている。
    (実は真空管の回路について、ちょっと技術があって
    それとOldの真空管も所有している。)

    RCAの12AX7と6L6GBを使ったフェンダー・チャンプの
    発展型にしようかと考えている。オリジナル・
    チャンプの6V6ではちょっと太さが足りないので、
    より電流の流せる6L6系の球にグレードアンプ。

    あとチューブ・オーバードライブも造ったら
    使えそうだ。

  2. 大車輪 | URL | -

    >>ecさん

    いやぁ、今日も暑かったですねぇ・・・。
    おっしゃる通り、このアンプで素晴らしい!!(←ドクターシーゲル風に)ところは小出力モードでフルテンにしたときの音ですね。

    シングルコイルよりもレスポール系のギターとの方が相性が良かった気がします。

    このアンプは「マスター・ヴォリュームを含めてフルテンにしないとまともな音にならない」というすごい個性のアンプでしたねぇ~。。
    っていうか実は凄く扱いにくいという・・・。

  3. ec | URL | -

    懐かしい逸品です

    日々暑いですねぇ。私がバイトして初めて買ったampはH&M30でした。壊れて捨ててしまいました。小出力モードはホントいい音でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nijimurasaki.blog48.fc2.com/tb.php/78-8c09fdfa
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。