スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッチーと共演して欲しいアーティスト(その2)Bill Mattson

2006年08月29日 01:09

http://www.youtube.com/watch?v=9rM9orjG-Mg


さて、昨日のJimi Jamisonに続き、今日もヴォーカリスト。
元Tangier(タンジアー)のBill Mattsonを紹介いたします。

このTangierというバンド、デビューは1989年。シンデレラのオープニングアクトを務めていたり、彼らのアルバムにも一部参加していたり、、と彼らと関係の深いバンドです。

当時はBadlandsやMr.Bigなど、往年のブルーズ・ロックやクラシック・ロックをレスペクトしたバンドが出てきた時期で、TangierもBad Company等の影響を強く感じさせる音楽性を持っていました。私は一発で気に入りましたね。

当時のBurrn!!のレビューでは、

Whitesnake(勿論マースデン、ムーディ時代)にグラハム・ボネットが入ったような・・・


と言われていました。グラハムほどの大声というわけではありませんし、今冷静に聴いてみると声質としてはむしろポール・ロジャースに近いかな?という印象を受けますが、上のビデオクリップをご覧いただいておわかりのとおり、帽子にサングラスという出で立ちも影響して、かなりの存在感と大物感を感じさせてくれます。

このバンドがデビューしたとき、Billの風貌を見て、そしてアルバムを聴いて


「この男の時代がくる・・・・!!」



と思いました。

と、同時にRainbowでAll Night LongやSince You Been Goneを歌っている姿を想像したりなんかして(笑)

※でもこのレベルならMistreatedすら完璧に歌いこなせるのでは!!



が・・・。しかし・・・。
何とこのアルバムを出して数ヶ月の後にBillはTangierを脱退してしまいます!!

(その後スウェーデンのバンドに加入した、というニュースが流れたが、確かそれっきり消息が分からなくなってしまった)


結局Tangierはこの後Billが加入する以前に参加していたヴォーカリスト、Mike LeCompt(マイク・レコム)を参加させて再出発します。

ヴォーカル交代後のクリップもYouTubeにありましたのでそちらも貼っておきます。

良い曲ですし、Mikeも良いヴォーカリストですが、Billほどアクが強くないので物足りない、かも。

http://www.youtube.com/watch?v=9lbGbDz6LYU


もし自分でバンドを組むとしたら、多分このTangierのようなブルーズ・ハード・ロックが理想です。

ああ、どこかにこんなヴォーカリストがいてくれたら(無理だって:笑)!

まぁ今は多分現役のプレイヤーではないでしょうからシーンの表舞台に復帰することもなく、「Rainbowにぴったりなのでは?」なんて私個人の妄想の域をでないわけですが。

Tangierで唯一Billが参加したFour Windsを聴く度に、「こんなに凄いヴォーカリストがいたのだ!」ということ、そして「ここまで高レベルのミュージシャンであっても、成功できるとは限らない!」というアメリカ音楽業界の層の厚さ、レベルの高さ、そして厳しい現実も認識させられるわけです。

最後に、もう1曲 貼っておきますね。
スライド・ギターもいい味出してます。

http://www.youtube.com/watch?v=E5oG8EZF7To


ちなみに、Tangierのアルバムは入手困難ですが、Amazonで中古等であれば購入できると思います↓


Four Winds / Tangier

では、おやすみなさい。
スポンサーサイト


コメント

  1. 大車輪 | URL | -

    >>ぴぃたぁぐりんさん

    スティーヴ・ウォルシュとは通なところを突いてきますね(笑)スティーヴ・モーズが参加したカンサスのアルバムもポップなんだけどプログレッシブで良かったですね。

    確かスティーヴ・ウォルシュは一時期再結成バッド・カンパニーのツアーでヴォーカルをやっていたことがありましたね。

    リッチーがポール・ロジャースにご執心だったことを考えると・・・。

    >>Suggyさん

    この頃はちょっとブルーズ回帰ブームがあって、テクニカル指向のプレイヤーがちょっとペースを落として、良質な作品をたくさん出してくれました。

    ぴぃたぁぐりんさんのコメントにもある通りで、その当時に出てきたバッドランズのレイ・ギランも70年代の香りプンプンな素晴らしいヴォーカリストでした。
    若くして亡くなってしまったのが残念です。

    >>lemoさん

    マニアックな人選でしょ(笑)?
    次も「あの人はいまどこに?」的な超強力ヴォーカリストを紹介いたします。

    お楽しみに。

  2. ぴぃたぁぐりん | URL | -

    自分のブログ見てて思ったんですが

    KANSASのスティーヴ・ウォルッシュはかなりお勧め。
    KANSASからギターのスティーヴ・モーズがDEEP PURPLEに加入してるし、そう言ったところも面白いかも…

  3. Suggy | URL | -

    おおっ! かっこ良いボーカルですね! オレはこの時代をリアルタイムで聴いてないので大車輪さんの記事はとても参考になります! Bill Mattsonさんの声、物凄く良いです最高です!

  4. lemo | URL | SFo5/nok

    ブライアンアダムスのような・・印象を受けました

    Tangier・・なんかあ・・聴いた記憶がありますう。
    でも、思い出せない(汗)
    シンデレラは1枚持ってますが、そのオープニング
    アクトとなるとさらにマニアックなとこ行きますね~。
    ふむふむ。

  5. ぴぃたぁぐりん | URL | -

    Badlands、Mr.Bigと言えば故レイ・ギランやエリック・マーティンもいいですね。

    レイ・ギランはジョージ・リンチのソロアルバムでも歌ってましたよね。けっこういいボーカルだったと思います。ちょっと、デヴィッド・カヴァーデールに似てるかな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nijimurasaki.blog48.fc2.com/tb.php/94-2fe82823
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。