スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッチーと共演して欲しいアーティスト(その3)Rob Ramothe

2006年09月09日 22:16

http://www.youtube.com/watch?v=SVcHNwg1lfE


ジョー・リン・ターナーがディープ・パープルに加入した頃のインタビューで「リッチーはブルーズ・バンドをやりたがっていた。ブラックモア・ブルーズ・バンド・・・」と言っていたことを思い出した。

もしリッチーが虹を再現するわけではなく、ブルーズ・バンドをやるとしたら誰をヴォーカルに据えたら良いか?

当然、「デヴィッド・カヴァデール!」という声が上がってきそうだが、私が思うに、最近の彼の声はちょっとしゃがれすぎだ。

艶と深みを持ったブルージーなヴォーカリスト・・・って今いるのか?
と思いつつ、90年代初期にデビューし、“デヴィッド・カヴァデールを彷彿とさせる歌唱”ちょっとだけ話題になったヴォーカリストを思い出した。

素晴らしいシンガーであり、ソングライターでもあった彼はいったい今何をしているのだろう?

彼の名はロブ・ラモス(Rob Lamothe)。91年にRiverdogsというバンドでデビュー。

このRiverdogs、Whitesnakeをクビになったヴィヴィアン・キャンベルが音楽性を気に入りプロデュースしたのですが、結局ヴィヴィアンはこのバンドにギタリストとして加入し、デビューアルバムを発表します。

Riverdogs + On Air Riverdogs + On Air
Riverdogs (2004/08/02)
Bad Reputation

この商品の詳細を見る



デビューアルバムのRiverdogsはアメリカ大陸的なスケールの大きなブルーズ・ハード・ロックという感じで、当時「ヴィヴィアンがこういう音楽を心からやりたがっていたとしたら、彼がWhitesnakeを解雇されたのは悲劇としか言いようがない」と評されていました。

このアルバムで聴けるロブのヴォーカルは実にエモーショナル。

で、ヴィヴィアンのギターもつぼを押さえた素晴らしい出来でした。

今はアマゾンでラジオ用プロモーション・アコースティック・ライブが付いた2枚組が出ているのでそちらをおすすめしますが、とにかく、捨て曲がない!!中古屋さんで見つけたら即購入してください(笑)

が、このバンドは商業的に成功せず、ヴィヴィアンはルー・グラムとShadow Kingなるバンドを結成するためにあっさり脱退してしまいます。
(で、結局それも長続きせずにDef Lepardに加入したわけですが)

この後のRiverdogsですが、ヴィヴィアンの後任としてベーシストのニック・ブロフィがギターにスィッチして存続します。
その当時のライブアルバムと、その後スタジオアルバムを出して解散したのではないかと思います。

ニックがギタリストとしても素晴らしいプレイを(ライブアルバムでのソロはほとんどヴィヴィアンの完コピに近かった)していたことや、曲作りの中心がロブだったことから、このバンドにとってはヴィヴィアンの脱退はさほどダメージではなかったようです。

http://www.youtube.com/watch?v=PcY5xTM_N7A


↑はいつの映像かよくわかりませんが、Riverdogs時代の名曲です。
これをみる限り、今でも現役で活躍されているようですが・・さて?
スポンサーサイト


コメント

  1. 名無しさん | URL | -

    大車輪

    >>ぴぃたぁぐりんさん

    リッチーがやりたかったのはブルーズ、というよりはブルーズ・ロックなんでしょうね。

    第2期パープル時代に結成しようとしていたBabyfaceなるプロジェクトでブルージーなものをやろうとしていたみたいですし。

    カヴァーデールがサイクシーをクビにしたのは多分性格的な問題の方が大きかったんじゃないでしょうか・・。

    ただ作曲能力とギタープレイは素晴らしかったのでアルバム完成までは(言い方は悪いですが)利用した、という感じだと思います。

    ニール・マーレイに関しては、謎です。
    それ以前にも出たり入ったりですし・・・。

    が、元々MTV向けに集結したヴァンデンバーグやヴィヴィアンを擁するメンバーの中で、ルディ・サーゾだけはケヴィン・ダブロウが抜けたQuiet Riotに復帰することになっていて、ツアー前にはニールが白蛇に復帰すると言われていました。

    結局ルディはQRに戻らなかったので、ニールは復帰できませんでしたが、当時のゴージャスな白蛇にはヴィジュアル戦略上マッチしていなかった、、ということも影響しているのかもしれませんね。

  2. ぴぃたぁぐりん | URL | -

    でも、リッチーって純粋なブルースギタリストにはならない気がしますよね。いきなりアラビアンを挟んでみたりして…
    そもそも、デヴィッド・カヴァーデールはジョン・サイクスをクビにした理由が分からないです。ニール・マーレーも。ある意味あの時期が最強に近かったと思ってるんですが…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nijimurasaki.blog48.fc2.com/tb.php/96-06e43444
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。