スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MI AUDIO Tube Zone Overdrive★V.4

2011年03月21日 18:03

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/146325769

オーストラリアのハンドメイド・エフェクター、MI AUDIOのTube Zone Ver.4です。

F1000352.jpg


甘いオーバードライブトーンから、激しいディストーショントーンまで、これ単体で歪んでくれます。
(もちろんTrue Bypass)

トーンコントロールによるバリエーションが豊富ですし、本体内部にプレゼンスコントロールがあるため、ドライバーで調節すればさらにご自分のギターに最適なトーンが作りやすくなります。

真空管アンプの味付けとして使うのも良いですが、むしろRoland JCシリーズのようなトランジスタアンプしか置いていないライブハウスやスタジオで、へヴィ・メタルやハード・ロック系の歪みを単体で得るのに最適です。

メーカーの希望小売価格は35700円の商品ですが、裏面にエフェクターボード用の両面テープを貼っているのと、自宅・スタジオで数回使用したので格安での出品とさせていただきます。

箱と説明書(英文)が付属します。

中古品ですので、それなりの使用感はあります。
ご了承いただき、ノークレーム・ノーリターンにてお願いいたします。

<ご参考>メーカーサイト
http://www.mieffects.com/TZ.htm

「DEMO」をクリックするとブレット・ガースドによるデモサウンドが聴けます。

動画(V4より古い機種ですが、サウンドは基本的に変わりません。むしろさらに洗練されている感じです)

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=0sawTABjfz8

2011年03月18日 01:37

daisharin http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m87125729 ストラト売ります♪( ´▽`)

Fender Japanの傑作、ST-314-55です。

故成毛 滋氏の提唱による一連のミディアムスケールのストラトシリーズの最初期の製品で後のSTMに比べると、ボディサイズがノーマルのストラトと同一なので、出音が力強いという利点があります。

パープルエキスプレスのリスナーの方に落札いただきたい!

久々に

2011年01月19日 23:21

ブログをまた再開したいと思います。

ヤフオクに出品しています

2010年11月15日 01:03

アンプシュミレータやらエレキギターやらをヤフオクに出品中です。

もしご興味おありでしたらポチっと行ってみてくださいませ^^

大切に使っていただける方に!

1.アンシュミ Line6 Pod XT 拡張モデルパック入り!
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r72025968


2.マルチエフェクター ZOOM G1 Next
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f92985758

3.エレキギター Ibanez SAR250QM
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r72306043

宮之上貴昭さんのライブ!

2010年03月28日 01:43

今日(といっても実際は昨日)はGood Time Music Schoolのヴォーカル科の先生、中溝ひろみさんのジャズコンサートに行ってきた。

ヴォーカル、ギター、ベースの編成で、ベースは新鋭、清水昭好さん、そしてギターはなんと、日本を代表するジャズ・ギタリスト、宮之上貴昭さん!

なんと無料だったのだ(良かったのだろうか・・・・)。

2部構成で素晴らしい音楽と楽しいトークで実に楽しいひと時を過ごさせていただきました!

編成上から、バッキングにオブリガードにソロに、と宮之上先生の歌心あふれるギターが堪能できて非常に勉強になったなぁ~。

bossa novaのバッキング、超高速オクターブ奏法、コード・ソロ。
当然ながら一筋縄じゃいかないわけで。

自分自身のプレイをピック中心から指弾き中心に組みなおしているところなので、一切ピックを使用しない宮之上先生が右手をどのように使っているのか、ずーっと見てましたがやっぱり奥が深い。。
親指のダウン・アップで速く弾く部分は何が一体どうなっているのやら。

両手が交差しているようなプレイもあったな。

第一部、第二部それぞれに宮之上先生と清水さんによるデュオ・タイムがあり、それぞれWhen a man loves a woman,Summertimeのインストまで堪能できるという・・・。

ちょっと最近練習サボり気味だったのでモチベーションを上げるいい機会になりました。

当然、主役の中溝先生のヴォーカルが素晴らしいのは言うまでもない、というかこの編成のライブ、また見たいと思いましたね。

終演後はCDにサイン、そして握手までしていただき、大変光栄でした。宮之上先生、中溝先生、素晴らしい一時をどうもありがとうございました!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。